こんなお悩みありませんか?

記録作業で現場スタッフの残業時間が多い

介護ソフトは請求機能しか使えていない

ICT活用を進めたいが、何から始めていいかわからない

介護トータルシステム『寿』は、ワンパッケージで請求・記録・経営資料の作成ができ、介護事業所全体のDXを推進します。

介護事業所のDXをすすめる『寿』の便利な機能とは?

法人全体でのDXを推進する機能

法人全体のデータを共有

利用者データを一元管理し、データの二度打ち・抜け漏れを無くします。

ケアプラン連携や予定実績連携も充実しているので、法人全体の業務改善につながります。
法人全体のDXを推進する機能をご用意しています。

どのパソコンでも、全てのサービスを使用できる

画面上でサービスや事業所を切り替えれば、どのパソコンでも全てのサービスを使用できます。
複数事業所分の請求業務を1か所で行う場合、法人全体の状況を確認したい場合に便利です。

「ふせん」でちょっとしたことも情報共有

利用者ごとに目立つ位置に「ふせん」を貼れます。
期間や職種も指定できるので、ちょっとしたことや事業所内での情報共有にお使いいただけます。

「文書管理」で独自書式

事業所でお使いの契約書やアセスメントシートなど、利用者に紐づく書類をフォルダごとに管理できます。
事業所で用意した様式に『寿』で登録した情報を付加できるので、書類作成の手間を減らします。

パソコンが苦手な職員様でも安心して使うために

わかりやすく迷わない画面

『寿』は、パッと見て操作ができるわかりやすい画面です。
パソコンに不慣れな方でも、誤ってデータの修正や削除をしないような工夫をしています。

複数の画面を開いて操作OK

利用者台帳を参照しながらケアプランを入力するなど、画面を同時に起動して入力ができます。
複数の画面を開いたまま利用者の切り替えができるので、仕事の流れがスムーズです。

よく使う機能だけにしぼりこみ

自分が良く使うメニューだけ表示できます。
職種や個人ごとで設定できるので、運用や入力の流れに合わせて配置すると、迷いなく使い始められます。

複写で効率よく

過去の記録や辞書機能から、文言や記録の転写・複写ができるので入力量を減らせます。
また辞書に登録したい文言は、操作している画面から簡単に登録可能です。

マニュアルも加算要件もシステムで確認

操作画面からマニュアルを呼び出せるので、安心してお使いいただけます。
『寿』ヘルプ機能には、最新のサービスコード一覧・加算適用要件・請求に関わる介護サービスQ&Aもご用意しています。

『寿』をお使いのお客様のお声

ずっと使い続けられる安心のサポート

介護トータルシステム『寿』はサポートも充実。
安心して長くお使いいただくためのサポートメニューをご準備しています。

  • 顔の見える地元企業が安心サポート
  • 操作や改正の不明点はヘルプ機能で解決
  • 同時接続ライセンスだから予備パソコンの準備もOK!障害時への備えもばっちり
  • 改正対応・バージョンアップは原則無料
  • 経営に役立つ情報・『寿』活用事例をニュースレターで

ご利用の流れ

介護トータルシステム『寿』クラウドサービスを導入するまでの流れをご案内します。
通常3か月程度でご利用開始いただけます。

  1. サービスの問合せ

    製品やサービスにご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
    お客様からのご質問にお答えします。

  2. 製品デモ・お見積り

    専任の営業担当が、ヒアリングや運用にあわせた製品のご説明を行います。
    ヒアリング結果をもとに、お客様のお困りごとや将来構想に合わせて、提案サービス・導入形態・導入スケジュール等をご提案します。

  3. 導入作業・操作説明

    必要な機器(パソコンやタブレット等)の納品・設置、ソフトウェアのインストール、サービスの初期設定を行います。
    お客様の運用をヒアリングしながら、わかりやすく操作をご説明します。

  4. 運用/サポート開始

    製品の操作や運用のご相談がある場合には、サポート窓口へいつでもご相談ください。
    改正対応、製品のアップデートを行いバージョンアップ版をご提供いたします。安心して『寿』をお使いください。

『寿』のよくある質問

デモンストレーションやサービス検討の際に、よく聞かれる質問にお答えします。

Q
他社の介護システムと比べて、何が特徴ですか。
A

3つの特徴があります。

  1. 請求・記録・経営資料作成をワンパッケージで提供するので、法人全体のデータを統合します。
  2. 同時接続ライセンスのため、初期コストを抑えて介護記録のICT化にトライできます。
  3. わかりやすく迷わない画面デザインで、パソコンが苦手な方でも「使いこなせる」システムです。
Q
パソコンが苦手な職員が多く、システムの導入が不安です。
A

『寿』は、パソコンが苦手な方でも「使いこなせる」ように、わかりやすく迷わない画面デザインです。また、導入時の操作研修やサポートサービスもご提供しています。

どういった点に不安を覚えていらっしゃるのか、ぜひ一度お問い合わせください。
他法人での事例や活用方法を元に、最適な方法をご提案します。

Q
導入型(院内サーバー設置型)とクラウド型と迷っています。
A

光回線がご利用可能であれば、クラウド型をおすすめします。

どちらを選んでいいかわからない場合は、お客様の運用・コスト・BCPの観点で、最適なご提案を行いますので、ぜひ一度お問い合わせください。

Q
介護システムを検討したいが、何から検討していいかわかりません。
A

せっかく今から導入されるのであれば、介護保険請求だけではなく、介護記録・経営資料の作成などの事業所全体のICT化に活かせそうか?という観点で検討されることをおすすめします。

あわせて職員様が「使いこなせるか」という視点で、システムのわかりやすさ・サポートメニューの充実具合も、ぜひ確認してください。

他法人での活用方法や運用事例を参考にしてみると、イメージがつきやすいかもしれません。

Q
介護記録のICT化に取り組みたいが、何から検討していいかわかりません。
A

まずは、今事業所でお使いの様式を集めてみてはいかがでしょうか。

集めた様式は、介護システムのどの機能を使えば入力できそうか・記録を残していけそうか確認をしていきます。もしお使いの介護システムにどんな機能があるのかわからない場合は、サポート窓口にお問い合わせしてみてください。

イメージがつかない場合は、他法人での活用方法や運用事例を参考にしてみるのもおすすめです。